新着情報

安全性を強化する落下防止ロック金具『DLP-LOCK1(ディーエルピーロックワン)』 8月20日新発売-ホテル・宴会場・商業施設用の無段階調光LEDスポットライトSLシリーズ全機種対応-

ホテルや店舗、商業施設等の照明、空間演出を手掛ける株式会社テクニコ(本社:大阪市中央区、代表取締役:堀 光伸、システム営業部:東京都千代田区、03-5211-8560、以下テクニコ)は、ホテル・宴会場・商業施設用無段階調光LEDスポットライトのSLシリーズ全ての製品に使える、落下防止ロック金具『DLP-LOCK1(ディーエルピーロックワン)』 を2020年8月20日に発売します。   [caption id="attachment_246" align="aligncenter" width="300"] ( DLP-LOCK1  製品画像) 長さ39.44mm×32.00mm、3.0g、材質:SUS301、定価:800円(税別)[/caption]   今回発売する新製品『DLP-LOCK1(ディーエルピーロックワン)』は、施工や点検のタイミングで簡単に装着できる仕様になっています。ディーエルピーロックワンを付け加えることで、本来プラグ自体が持っているロック機能と、落下防止ワイヤーと合わせて、さらなる安全性を確保することができるようになります。   [caption id="attachment_244" align="aligncenter" width="300"] (取り付け方)[/caption]     SLシリーズは、2011年に無段階でスムーズに調光できるLEDスポットライトとして発売開始しました。ロック機能と、落下防止ワイヤーが標準装備されていますが、照明器具が何かの要因でダクトレールから脱落すると、落下防止ワイヤーによる宙づりの状態になることがあります。テクニコが創業以来携わってきた、日本全国の各種ホテルや宴会場の音響、照明演出の現場経験から、なんらかの脱落により落下防止ワイヤーでの宙づり状態が起こるケースを以下のように考えています。  
【落下防止ワイヤーでの宙づり状態が起こるケース】 ・ダクトレールに照明器具が付いている状態で、向きや角度を変えようとしたとき、照明のプラグ自体のロック機能が掛かっているかを確認せずに不用意に動したり、ロックが緩んでいたり、充分に効いていなかったりした場合。 ・プラグ自体のロック機能が、経年劣化(※)で甘くなっている場合。 ・ダクトレールの経年劣化で、ロックの掛かり方が甘くなっている場合。 ・照明器具の向きを変えるために、直接手作業をせずに、下から棒のようなものでつついて向きを変えようとした場合。  
  テクニコでは、これらの状況を踏まえ、照明器具が使われる様々な現場の状況を想定し、落下事故を未然に防ぐ対策を検討しました。照明演出をする場所は、多くの方が集まります。それらの会場で、お客様はもちろん、おもてなしをする側、会場運営側すべての方が、安心してイベントや会合を実施できるよう、今後も製品開発を進めていきます。 ※頻繁に付け外しするなどの使用頻度、使用や保管の環境、取り付ける既存設備レール側の経年劣化により、劣化、消耗の度合いが異なります。   【製品・サービスに関するお問合せお問合せ】 照明・音響・映像をトータルで提案する、演出空間開発カンパニー 株式会社テクニコ システム営業部 TEL 03-5211-8560 FAX : 03-5211-8561 メール ecostreme@technico-co.com SLシリーズの製品ページURL  https://sl-technico-co.com/ ニュースリリースをPDFでダウンロードする

「ホテルニューオータニ(東京)」初代SL1発売当初より熱心にSLシリーズの導入を継続

【導入背景】 ◆ホテルニューオータニ様では、照明器具のLED化をいち早く進めておられ、 LEDスポットライトSL1発売当初の2011年頃から、 熱心に導入を検討していただきました。 ◆2014年より改良型SL1MkⅡを、中宴会場(天井高3.0m~)やレストラン、宴会場ロビーと順次追加して導入いただいております。 ◆大宴会場対応型のSL2の販売開始後は、大宴会場「鳳凰の間(722平米、シアター形式で1014人収容、天井高4.2m)」にSL2を導入いただいております。                 モデルルームで長時間使用しても会場が熱くなりません。               【導入台数内訳】 ■SLシリーズ名/導入開始年/延べ台数
  • SL1    /2011年~/260台
  • SL1Mk-Ⅱ/2014年~/140台
  • SL2    /2016年~/ 28台
              料理卓やテーブル照明として使用しても熱くならず綺麗に照明が当てられます。   【効果】 ◆従来のハロゲン照明器具では、照明を当てている物が光の熱で温まってしまいますが、SLシリーズはLED照明のため、お寿司等冷たい食材でも温まったり乾いたりせず、綺麗に照明を当てることができます。また、人、花、氷細工等を当てる際も気にせず使用することができます。 ◆会場を急いで転換しなくてはならない時に、直前まで使用していた器具でも、外す際に火傷等の心配がなく倉庫にしまえるため、スピーディーに会場転換を行うことができます。 ◆色温度や配光角度は3種類ずつ、また器具の色もホワイト・ブラックの2色があり、使用する場所や用途によって効果的に選択して使い分けることができます。光源がLEDのため、使用していても熱を持たず空調負荷も軽減します。               シャンデリアやダウンライトの明かりのみだった通路にアクセントとしても活用できます。               製品・サービスに関するお問合せお問合せ 照明・音響・映像をトータルで提案する、 演出空間開発カンパニー 株式会社テクニコ システム営業部 TEL 03-5211-8560 FAX : 03-5211-8561 メール ecostreme@technico-co.com 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目5番10号九段クレストビル3階  
  印刷用PDF(1ページ/274KB) 本件に関する問い合わせは電話(03-5211-8560)またはメール(ecostreme@technico-co.com)で承ります。

九州プロライティング&プロサウンドフェア2020に出展します

第16回九州プロライティング&プロサウンドフェア2020(照明機器部門)に出展します‼ http://www.kyushu-proaudio.com/index.html 日時:2020年1月29日[水]〜30日[木] 10時~18時 会場:福岡市民会館:3階小ホール 入場無料 昨年のライティング部門は大手10社がLED機材を中心に展開しており、サウンド部門ともに、来場されたお客様から高く評価していただきました。 また地元九州の地で末永く開催を望む声から、通算第16回目となるフェア開催に伴い、SLシリーズの九州地区展示会出展は、昨年に引き続き2回目となります。 会場ではSL1Mk−Ⅱ(エスエルワンマークツー)、SL2(エスエルツー)の実機を展示、無段階調光で、スムーズな調光を実際に体感してください。 20PLSFflyer

九州プロライティング&プロサウンドフェア2019に出展します

第15回九州プロライティング&プロサウンドフェア2019(ライティング部門)に出展します。 http://www.kyushu-proaudio.com/about/ 日時:2019年2月6日[水]〜7日[木] 会場:福岡市民会館:3階小ホール 毎回ライティング部門、サウンド部門ともに、来場されたお客様から高い評価のある展示会となります。 また地元九州の地で末永く開催を望む声から、通算第15回目となるフェア開催に伴い、SLシリーズを九州の展示会に初出展します。 会場ではSL1Mk−Ⅱ(エスエルワンマークツー)、SL2(エスエルツー)の実機を展示、無段階調光で、スムーズな調光を実際に体感してください。 19PLSFflyer_PDF

既存設備利用でコスト低減効果抜群、無段階調光可能なSL1Mk−Ⅱ 老舗ライブハウス「新宿LOFT」にて多様な演出に対応できる機能性を発揮

新宿・歌舞伎町にある老舗ライブハウス「新宿LOFT」でSL1に続き、SL1MKⅡを導入しました。ライブスペースの客電として活躍、雰囲気を壊すことなく、LEDにて調光を可能にしました。SLシリーズとしてはライブハウスで初めての設置となります。導入時のご担当者様のお話を次のとおりご紹介します。   ◆設置場所 新宿LOFT(東京都新宿区歌舞伎町) 500名収容のライブスペース ◆設置製品 無段階調光スポットライト SLシリーズ SL1 B35-25 15台 SL1mk-Ⅱ B35W 8台   (導入前の課題) ライブハウスは少々暗くても仕方がない、と考えるのが普通かもしれませんが、客電(=客席の照明)をもっとフラットに明るくしたいと常々考えていました。いろいろなLED照明を使ってみましたが、家庭用では明るさが足りず、業務用だと明るすぎるなど、ちょうどよい照明がなかなか見つかりませんでした。   (導入後) 多くの場合、客電が落ちる(消える)と公演が始まる合図で、 客電が入る(灯る)のが終演の合図です。 エスエルワンだと、調光の幅が広いので、最初は半分くらいに下げてお客様を入れ、ステージが終わったら100%上げています。そうすることで、お客様もステージが終わったことを自然に感じることができるようになったようです。常連のお客様が照明の違いに気づいて   「明るくなったね」と声をかけてくださることもあります。 作業がしやすくなったというのもうれしいことです。音響の担当者は細かいパーツのある機材を使いますが、見やすくなったと喜んでいます。電気メーターの容量は下がっているので、電気代もそれなりに節減できていると見ています。 また、幅広く調光できることとフィルターで色替えができることが、おすすめできるポイントです。フィルターの色は、暗くしたいときは濃い色のフィルターを入れてがらりと雰囲気を変えることができます。いろいろな演出に対応できるので、ライブハウスの照明にはぴったりだと思います。                       製品・サービスに関するお問合せお問合せ 照明・音響・映像をトータルで提案する、 演出空間開発カンパニー 株式会社テクニコ システム営業部 TEL 03-5211-8560 FAX : 03-5211-8561 メール ecostreme@technico-co.com 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目5番10号九段クレストビル3階  
  PDFダウンロード (1ページ / 1.3MB) 本件に関する問い合わせは電話(03-5211-8560)またはメール(ecostreme@technico-co.com)で承ります。

製品の詳細はこちらからお問い合わせください

資料のご請求はこちら